名古屋発富士急行き夜行バスでは血行対策にも意識を

長い時間の夜の旅となる名古屋発富士急夜行バスでは、同じ姿勢のままで朝まで過ごすことになります。

いつもなら夜はベッドや布団で、手足を伸ばしてリラックスして眠ることができますが、名古屋発富士急夜行バス車内は限られたスペースです。横になったり寝返りをうつことはできませんし、同じ姿勢のまま座るのは身体にも負担がかかります。注意をしたいのがエコノミークラス症候群であり、血流の悪さから症状を出さないためにも予防は必要です。

快適な名古屋発富士急行き夜行バスの移動にするためにも、自分でできる予防策で対処をします。深部静脈血栓症の初期段階の症状としては、足がむくみやすくなり、何となくしびれを感じますが、足の色が変色することもあるので注意が必要です。肺にまで血栓が到達とすると厄介であり、心拍数が上昇をしたり胸が苦しくなることもあります。バスに乗っている最中や降車後にエコノミークラス症候群を発症をすることがありますが、乗車客全員が発症をするわけではありません。

症状に不安を感じるかもしれませんが、キチンとした予防策で対応をしておけば、それほど怖いことではないです。できるだけ体は動かす方が良いため、休憩でSAへ寄ったときにはバスの外へ出て、歩いたりストレッチをして血行をよくしておきます。特にふくろはぎや足首の簡単なストレッチは、意識してやっておく方が良いです。原因として脱水症状もエコノミークラス症候群を招くので、水などのノンカフェイン飲料での水分摂取もするようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *