白馬スキー場でウィンタースポーツ

白馬スキー場は長野県にあり、国内での3番目に標高が高いとされる穂高岳や飛騨山脈のあたりにあります。

冬はウィンタースポーツをはじめ、夏場もトレッキングなどをして最大の自然アクティビティを楽しむことができる場所です。雄大な自然のある山々の景観を楽しむことはもちろんですが、豊富な湯量を誇っている温泉やそばの産地としても知られています。観光地として有名なので、冬の白馬スキーはさらに人気がありウィンタースポーツは白馬と言われるほどになります。

人気がある理由の一つとして、シベリアから服冷たい風が北アルプスにぶつかるので天然雪がたくさん降り積もることが挙げられます。これにより極上のパウダースノーが存在しており、一目見たいという人たちが全国から集まります。北アルプスには雄大な景観があり、数多く点在していることもありオススメのゲレンデもたくさんあります。このエリア屈指とされるスケールを誇っているゲレンデですが、アルプス平やとおみ・飯森などの3つのゲレンデでそれぞれが異なった特徴のコースも存在します。

ビギナーから上級者まで16つのコースがあり、隣接している白馬47では、最新トレンドを取り入れているスノーボーダーに向けたスポーツパークがあります。本格的なハーフパイプを始め、初心者でも滑りやすいコースが目白押しです。山頂でも繋がっていて、スキー場共通リフト券もあるので一緒に行く仲間も各々で楽しめます。プラザは24時間営業なので、夜遅くまで滞在できることも特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *